如水庵-josuian.com-暮らしを彩る備前焼の歴史をご紹介しています
トップページ 備前焼について 作家紹介

ネットショッピング

お問い合わせ
作家紹介
提携作家

森 孝和(もり たかかず)1959年〜岡山県備前市伊部生まれ。

昭和34年 備前市香登に生まれる
昭和50年 岡山県立備前高校窯業課入学、陶芸部入部・専敬流草道部入部
昭和53年 七十七代目・金重利右衛門に師事し、18年間修業
平成7年 に赤磐市熊山町佐古に築窯し、現在に至る

森 孝和(もり たかかず)
 
人間国宝・県重要無形文化財保持者
国指定重要無形文化財「備前焼」保持者(人間国宝)(敬称略)

金重 陶陽(かねしげ とうよう)1896年〜1967年岡山県備前市伊部生まれ。

備前焼の陶工として初めて人間国宝となった。江戸中期以降人気を失っていた備前焼を再興させることに成功し「備前焼中興の祖」と称される。自らが優れた陶工であっただけでなく、多くの弟子を育て、その中から次々と人間国宝を輩出するなど備前焼の歴史上果たした功績は計り知れない。北大路魯山人やイサム・ノグチらとも親交があり、彼らの芸術性に影響を受けた一方、彼らが備前焼を世に知らしめる役割を果たしている。

 

藤原 啓(ふじわら けい)1899年〜1983年岡山県備前市穂浪生まれ。

少年期から俳句や小説の才能を発揮、1919年に上京し博文館編集部に勤務。その後作家として独立するが、自己の文学に限界を感じ文学を断念し帰郷。1938年より備前陶芸の道を歩み始める。桃山古備前の技法を基礎にしながらも、窯の中での自然の変容を生かした近代的な造形が特徴で、師である金重とは対照的で素朴で大らかな作品が、後進へ大きな影響を与えた。1970年重要無形文化財「備前焼」認定。備前市には財団法人藤原啓記念館が設立されており、藤原啓自身の作品や数々の古備前を展示している。

藤原啓作「水指」

山本 陶秀(やまもと とうしゅう)1906年〜1994年岡山県備前市伊部生まれ

明治39年(1906年) 備前市伊部に生まれる。1921年陶芸をはじめ、1933年より作家として独立。1976年備前市功労賞受賞 紫綬褒章受賞。以後、伊勢神宮へ「流れ胡麻三方花入」献納、スペイン国王フアン・カルロス1世とソフィア王妃へ「花瓶」献上、 皇室へ「流れ胡麻丸花瓶」献上。1982年勲四等瑞宝章受賞。1987年国指定重要無形文化財「備前焼」保持者(人間国宝)認定。1991年 備前市名誉市民。

【山本陶秀】ぐいのみ

藤原 雄(ふじわら ゆう)1932年〜2001年岡山県備前市穂浪生まれ。藤原啓の長男。

藤原啓の長男。視力にハンディを持ちつつも、青年時代は文学や音楽に熱中し、1951年明治大学文学部日本文学科に進学。1955年に出版社であるみすず書房に就職するが、9月に父親の看病の為に休職し帰郷を機に、父に師事し備前焼の技法を学びはじめる。備前焼の伝統を重んじながらも、新しい感性に溢れた作品作りを追求した。海外で備前焼の個展や講義をたびたび行う。メトロポリタン美術館や大英博物館にも作品が収蔵された。 1996年重要無形文化財「備前焼」保持者に認定。2代に亘っての人間国宝となった。

藤原雄作「備前四方皿」

伊勢崎 淳(いせさき じゅん)1936年〜2005年岡山県備前市伊部生まれ。

伊勢崎陽山の次男。1959年、岡山大学特設美術科卒業後、兄・伊勢崎満とともに、姑耶山古窯跡に中世の半地下式穴窯を復元。 1966年、日本工芸会正会員。1978年から、岡山大学特設美術科講師を務めた。1998年、岡山県重要無形文化財保持者に認定。社団法人日本工芸会理事、および日本工芸会中国支部幹事長に就任。2004年9月2日、重要無形文化財保持者(人間国宝)認定。金重陶陽賞、岡山県文化奨励賞、山陽新聞賞などの受賞歴あり。

 
 
 
岡山県重要無形文化財保持者(敬称略)
昭和29年認定者
 

三村 陶景(みむら・とうけい) (1885〜1956)

幻の作家と謳われる名工。絵備前、彩色備前、白備前、古備前風の物など幅広く手がける。布袋、獅子などの置物や茶器に秀作多数。人工的に桟切や緋襷を焼成する技術も考案。 伊部に陶器学校を創設するなど、陶工の育成にも尽力した。

 

初代 大饗 仁堂(おおあえ・じんどう) (1890〜1954)
 
本名時松。三村陶景が設立した伊部陶芸学校の第一期生。細工物の名工として蛙の細工が有名で「蛙仁堂」とも呼ばれる。花鳥や人物の置物など細工物が得意。

   

伊勢崎 陽山(いせざき・ようざん) (1902〜1961)

陶彫、細工物に優れ、花器や宝瓶、香炉も秀作多数。姑耶山中の古窯を調査し復元。高杉晋作像・和気清麻呂像・和気広虫像など陶像の大作を製作。

 

石井 不老(いしい・ふろう) (1899〜1964)

備前茶陶、細工物の名工。明石の朝霧焼を学んだのちに伊部に築窯。宝瓶が特に人気があり、宝瓶千個に般若心経を彫った「心経宝瓶」は製作に十数年を費やした労作として知られる。晩年、赤の楽茶碗に取り組み、赤焼を完成させる。

 

2代目 藤原 楽山(ふじわら・らくざん) (1910〜1996)
 
青備前の第一人者。父である初代・藤原楽山に師事して家伝の備前塩窯青焼を受け継いだ。茶器、香炉を得意とし、「茶碗と香炉の楽山」と呼ばれ、気品あふれる端正な作品を制作。勲六等単光旭日章を受賞。

   

2代目 藤田 龍峰(ふじた・りゅうほう) (1913〜1973)

初代龍峰の五男として生まれる。昭和19年、二代目龍峰を襲名。ろくろ技に優れ花器などに秀作が多く、磨きの作品も作る。

 
 
昭和48年認定者
 

藤原 建(ふじわら・けん) (1924〜1977)

叔父の藤原啓のもとで作陶を学び、昭和45年に長さ23mの大窯を築窯。茶器、酒器を得意とし、土を活かし、窯を活かし、火を活かす備前焼の正道による窯変や緋襷の焼成は素晴らしさで知られる。

藤原建/大鉢

浦上 善次(うらかみ・ぜんじ) (1914〜2006)

西村春湖や彫刻家の北村西望らに学ぶ。備前焼彫塑の第一人者で、置物香炉からオブジェ風の作品まで幅広く手掛ける。陶彫および細工物の名手。伝統的な物を独自の感性で作り上げた独特の造形には重厚感や品格が漂う。

 
 
昭和55年認定者
 

各見 政峯(かくみ せいほう)

1921年岡山県備前市伊部生まれ。金重陶陽に指導を受ける。縄文備前を研究、制作。土味を生かした作品多数。1980年に岡山県重要無形文化財に認定。

各見政峯/徳利
 
昭和58年認定者
 

金重 素山(かねしげ・そざん) (1909〜1995)

兄である人間国宝・金重陶陽に師事し陶芸の道に入り、茶陶の第一人者として名を残すとともに、兄の金重陶陽の助手として陶陽を陰で支える。桃山調の潤いのある緋襷、素晴らしい造形が魅力。電気窯による桃山調緋襷の再現に成功。

 
 
平成2年認定者
 

金重 道明(かねしげ・みちあき) (1934〜1995)
 
父である人間国宝・金重陶陽に師事し陶芸の道に入る。伝統の良さを生かしながら斬新な鋭い造形感覚による備前焼を製作。金重陶陽賞や日本陶磁協会賞など、受賞多数。花器、オブジェなどや伝統的な土味を活かした茶陶などがある。

  金重道明/湯呑
 
平成8年認定者
 

松井 與之(まつい ともゆき)

1931年熊本県荒尾市生まれ。清水焼を学んだ経験を生かした、金彩・銀彩・藍彩・練上など鮮やかな備前焼の作品が多い。1996年に岡山県重要無形文化財に認定。

松井興之/練上茶碗

森 陶岳(もり とうがく)

1937年岡山県備前市伊部生まれ。父は窯元六姓家の森秀次。古備前に魅せられ、陶片や資料をもとに大窯による焼成を研究。備前大甕・大壷でその評価を確立。1996年に岡山県重要無形文化財に認定。

森陶岳/ぐいのみ
 

山本 雄一(やまもと ゆういち)

1935年岡山県備前市伊部生まれ。人間国宝・山本陶秀の長男として生まれる。電気窯により人工の緋襷(ひだすき)を作り出し、緋紋や緋彩の技法を考案。1996年に岡山県重要無形文化財に認定。

山本雄一/ぐいのみ
   
平成10年認定者
 

伊勢崎 満(いせざき みつる)

1934年岡山県備前市伊部生まれ。父の伊勢崎陽山に師事。備前の土と窯についても深い理解を生かした、古典的かつ上品な作品で知られる。1998年に岡山県重要無形文化財に認定。

 
     
平成14年認定者
 

4代目 松田 華山(まつだ・かざん) (1936〜2003)

名工・三代目松田華山の二男で、幼い頃から父について作陶を学び、1955年に四代目華山を襲名。茶陶を中心に花器、酒器、食器なども制作。半地下式穴窯で古備前の持つ土味を追求。独自に木目備前を開発した。

 
 
平成19年認定者
 

吉本 正(よしもとただし)

1943年備前市閑谷生まれ。1964年に人間国宝・藤原啓の内弟子となる。たたら造りにて岡山県文化奨励賞受賞など受賞多数。2007年に岡山県重要無形文化財に認定。

 

copyright(c)2007 josuian.com all rights reserved